ホーム  世界観  人物キャラ紹介  モンスター図鑑  カードゲーム  日記  リンク

 漫画  素材配布 | その他イラスト  頂き物  

管理人に元気を注入  

 モンスター図鑑>鳥族

 「みそバード」

知能  ★★☆☆☆☆旨いみそには目がない。
攻撃力★☆☆☆☆☆つつかれると結構痛い。
凶暴性★☆☆☆☆☆人とゆる〜く共存する。


特徴
 全長50〜60cm。
味噌王国の味噌好き神獣。 その名もミソポタミアに生息するサギの仲間。体色:クチバシ・脚および後頭部から伸びる羽は緑色でその他は白色。頑丈なクチバシは扁平でヘラ状になっており、水辺の泥等を掘るのに適する。

貝・カニなど水生小動物を捕食するが、他にも味噌が大好物。ミソポタミア特産品の味噌を狙って走り回っているので、街中でも目にする。たまに味噌の器にはまって抜けなくなったみそバードもいる。

鳴声:「ミソー」

性格
 味噌が大好きで、ヘラクチバシで味噌を掬い取って逃げる(笑)。逃げ足は速い。

利用
 
舌の肥えたみそバードは美味しい味噌しか狙わないので、味噌の品質検査の為、業者に重宝されているとか…。ミソポタミアでは神聖視されている動物なので、誰もこの味噌泥棒を追いかけない。寧ろ食べられると店の評判が上がる。

作者コメント
 日本人ならメソポタミアと聞けば高確率でミソポタミアと連想しそうなネタなので、ミソポタミアにいる鳥はきっとこんな感じかと思い、描いてみました。チャームポイントはお椀。みそバートのマスコットが欲しいです。

カード化情報


▲モンスター図鑑へ戻る


  「トートー」

知能  ★★☆☆☆☆カケラほどの知性。
攻撃力★☆☆☆☆☆つつかれると地味に痛い。
凶暴性★☆☆☆☆☆まず相手に向かって行かない。

特徴
 鶏ぐらいの大きさ。体重1.5〜2.5Kg。
碧い地球版ニワトリ。体は白色の羽毛で覆われ、尻尾の先のみピンク色。翼は小さく退化しており飛べない。脚は速い。集団で生活し、家族ごとに地面に浅い穴を掘って巣を作る。手を入れれば簡単に捕まえられる。

鳴声:「ポー」。たまに「ポポポ」と会話している様な鳴き方をする。

性格
 極めて臆病。他の生物と目が合うとほっぺが赤くなり、ちょこまか逃げ回る。

利用
 
元々は孤島での固有種であったが、優れた肉質と繁殖力を持ち卵も大変美味であることから、現在では代表的な家禽(かきん)として竜人界中で飼育されている。みんなの大好物。羽毛は衣服や布団に利用され、糞は肥料に、頭など残った部分は家畜やペットのエサになるので、捨てる所のないありがたい鳥である。

作者コメント
 かつて実際に存在した鳥「ドードー」がモデルになっています。人間がいない隔離環境で進化した彼らは人間から逃げない「バカな鳥」として乱獲され、絶滅に追い込まれたのは有名な話ですね。日本語で書くと「愚鳩(ぐきゅう)」だそうです。日本にも人から逃げないで乱獲された鳥「アホウドリ」がいますが、こちらは生き残っています。リアルドードー鳥、見てみたかったです。

カード化情報



▲モンスター図鑑へ戻る

  「ダガー」 鳥モンスター:ダガー

知能  ★★★☆☆☆人の行動をよく観察している。
攻撃力★☆☆☆☆☆相手の眼玉を狙って攻撃。
凶暴性★★☆☆☆☆集団で攻撃する事がある。

特徴
 碧い地球版カラス。体重0.5〜0.7Kg。
体は黒色の羽毛で覆われ、頑丈なクチバシを持つ。雑食性で森林や都市部に生息する。知能が高くクチバシで器用に道具を作ったり、集団で統率のとれた行動をしたりする。その集団が鳴声を上げる場所には死体があると言われている。

鳴声:「ガ〜!(うるさい)」。

性格
 ズル賢い。集団で行動する事で凶暴性が増す。他の動物の獲物を横取りしたり、場合によっては共食いしたりする。

利用
 知能が高くヒナから育てれば懐くので、密偵要員や愛玩動物として飼われることもある。一方で農作物やゴミをあさる害獣として駆除の対象になっている。
 

▲モンスター図鑑へ戻る


 

inserted by FC2 system