ホーム  世界観  人物キャラ紹介  モンスター図鑑  カードゲーム  日記  リンク

 漫画  素材配布 | その他イラスト  頂き物  

管理人に元気を注入  

 人物キャラ紹介>レッド・ウイング社

会社の邪魔者を消す「シャン・ガルシア」
竜人:シャン・ガルシア

竜人シャン・ガルシア
種族:竜人と人間のハーフ
性別:男性
年齢:18歳
身長:185cm



「そなたのような者は初めてだ。」
「黙れ!私が何も知らないと思ったか?」

特徴
 レッド・ウイング社の恐ろしい遺伝子研究によって創られた人物。竜人と人間の姿に変身でき、身体能力が高い。強力な念力を使える。彼は会社にとって不利益な存在を排除する暗殺部隊の一員として洗脳教育されており、会社の所有物である。社会的には存在しない事になっている。

彼の父親は
ハルらと共に研究に加わっていたが事故死した。手乗り竜(騎乗可能サイズにもなれるマジックドラゴン)を飼っている。念力を使用している間、眼の色が緑から赤に変わる。

性格
 無愛想。不器用な性格でいつも仏頂面をしている。営業スマイルの時だけ笑う。常に心で泣いている。なぜか言葉遣いが古風。

将来の夢
 親の死の真相を解明する事。自由の身になる事。

特技
 念力。暗殺。黙秘。尋問。

主人公との関わり
 社長に組織の悪事を目撃してしまった
ラピタらの暗殺を命じられる。

作者コメント
 非常に悲しい境遇の持ち主。人に優しくされても素直に受け止められません。↓常にラピタの背後をキープするストーカ、ヒットマン。人間の時は浄化マスクなしだと死にます。

その他イラスト
擬人化ラピタ&シャン
▲左:ラピタ、右:シャン 擬人化版

▲人物キャラ紹介へ戻る


 病的兵器「イライジャ・レプシエロ」  竜人+人間の混血:イライジャ
イライジャ 
種族:竜人と人間のハーフ
性別:男性
年齢:17歳
身長:173cm
(画像クリックで拡大)


「てめえ俺に触るな。バカがうつる。」
「俺の鼓動が生きろと言っている。」

特徴
 彼がまだ人間で幼かった頃、レッド・ウイング社の生物研究によって強靭な竜人の遺伝子を組み込まれ、生物兵器として生まれ変わった人物。竜人の姿に変身できるが半竜半人の姿でいる事が多く、この時は浄化マスクなしで行動できる。

シャンと同じく若くして暗殺部隊の一員になっていたが、トラブルを起こして以来隔離されており、高い生命力を利用した免疫実験の被験者となっている。実験の中で数々の病原菌を弱毒化し保菌する能力が身に付いた。彼の血液に触れると体内に入り込んだ病原菌が毒性を取り戻し、発病に至るので血液に触れてはいけない。


性格
 人との触れ合いが苦手で口が悪い。生に飢えており、気力のない者を嫌う。弱音を吐く者は身内でも殺そうとした為、拘束具を着けられて隔離されている。

将来の夢
 レッド・ウイング社の素晴らしい研究成果を世に浸透させる事。

特技・使用武器
 暗殺。五感をマヒさせる尾の毒針。刺された者は感覚が無いので転倒し、恐怖で言葉にならない悲鳴を上げながら地をのたうち回る。ナイフ、ワイヤー等の武器を使用する。

主人公との関わり
 尊敬していたシャン(同ページ上キャラ)がラピタとの出会いにより、その心情に変化が起こった事を察知した彼は、再び暗殺者としての復帰を求める

作者コメント
 デザイン原案:黒鋼彗牙様による里子キャラです。どうもありがとうございます。精神を病んでると思いきや、意外に前向きに生きてます。戦闘で怪我を負わされると何故か喜びます。


▲人物キャラ紹介へ戻る


肉食伊達男「ラセル・クロー」ラプトル竜人ラセル
竜人ラセル 
種族:爪脚竜人
性別:男性
年齢:26歳
身長:180cm



「オメェよぉ、オレ様怒らせると食っちまうぜぃ?ガハハハ!」
「おジョーサン、今夜ボクチンと一緒にどぉ?」

特徴
 レッド・ウイング社(以後RW社)の特殊任務部所属。古代文明・希少生物の調査を目的とし、主に異界を含む僻地(へきち)で活動する。常に危険を伴う調査隊の先頭に立つ。蹴技が得意な俊足ハンター。

特にしもべの恐竜ラプトル達とのコンビネーションは抜群。彼らからの調査報告や収集したサンプルは、
ハルらの所属する科学技術部へ送られる。 よく仲間とつるんでいる。 肉食。

性格
 勇猛果敢。傍に居るだけでうるさ …賑やか。ナオン&ギャンブル好き。こう見えて面倒見が良い。

趣味・
特技
 
狩猟(その場で美味しく頂く)。ラプトルブリーダー。蹴技。

その他イラスト
ミニキャラ竜人:ラセル
▲3等身絵

作者コメント
 
バラージュと並んで顔芸しそうなキャラです。名前は好きな映画「グラディ●ーター」に出演の俳優さんを元にしました。マキシマス超カッコいい!


▲人物キャラ紹介へ戻る


 

inserted by FC2 system